サイト内検索(by Google)

医療の資格が必要な管理薬剤師

管理薬剤師は、各薬局やドラッグストアなどに必ずおかなければならないと薬事法で定められているものです。管理薬剤師になるためには薬剤師という医療の資格が必須です。管理薬剤師不在時には、一般の薬剤師が代行する事も出来ます。主な仕事内容としては、医薬品の管理と従業員の管理と言う事になり、薬剤師における管理職の立場と考えれば良いでしょう。棚卸を行った際のチェックや、伝票等の書類関係の確認作業、医薬品の不良品等のチェック等と言った、責任のある業務が多くなるため、単純に薬学に関する知識とは違った適性が求められるとも言われています。ただし、店舗の性質によって、求められる仕事内容も変わってくるようで、店長の様な仕事の場合もあれば、雑務や書類業務がほとんどといったケースもあります。最近では個人薬局の他にも、数多くのドラッグストアが存在し、管理薬剤師の求人数も増加しています。特に資格が必要でない管理薬剤師ですが、求人票を見るとある程度の薬剤師としての経験年数を要求される場合も多いものです。実際には新卒の人であっても、適性があればこなせるようになる仕事内容ですが、従業員数が多い店舗では従業員の管理と言う仕事もあるため、それ相応の人物が求められるところかもしれません。このように、単なる知識だけではなく、経験や人間性が重要視される立場なので、管理薬剤師の経験があると薬剤師としての転職は随分有利になる事でしょう。給与面でも一般の薬剤師と比較して優遇される場合が多いようです。

Copyright (C)2017資格を活かして管理薬剤師へ転職!.All rights reserved.