サイト内検索(by Google)

管理薬剤師は薬局や製造業を運営するには大切な医療の資格

私が長い間勤めていた薬局には必ず管理薬剤師がいました。私は薬剤師ではありませんでしたが、一緒に仕事をしてきたのです。このような薬局や薬の製造業などには必ず管理薬剤師の設置が義務付けられています。またこれは薬剤師しかなれません。ですから、経営者がどんなに優秀な人であってもこれらの施設を開業する時には、医療の資格として薬剤師がいなければならないのです。そして、その薬剤師を管理する管理薬剤師が必要なのです。また管理薬剤師はその他の重要な仕事として薬局などの場合には、店舗内の医薬品などの管理や、お客に適正な情報を提供することも大切な仕事になってきます。ですが、家族経営などで行っている店舗などでは、夫婦の場合どちらかが薬剤師で管理薬剤師でもあり、相方が販売員などという場合も多いと思います。原則管理薬剤師は兼任が禁止されていますので、いくつもの薬局でこれになることはできません。給料面からみれば、私のいたところで言えば、他の薬剤師に比べてものすごく恵まれているという感じはありませんでした。どちらかと言うと、仕事は大変だなあと言うのが正直な感想です。ですが、薬局等においては先ほど述べましたが、管理薬剤師いなければ薬局自体運営していけませんので、重要なポストであることは間違いないと思います。しかしながら、大学病院などで密かに行われている、ポスト争いなどの激しいものは見た経験は今までありませんのでした。そして私の店舗では管理薬剤師が辞めたら、残っている人の中で長く勤めている人がやると言う場合が多く、またそれを辞退する人もいたのも事実です。

Copyright (C)2017資格を活かして管理薬剤師へ転職!.All rights reserved.