サイト内検索(by Google)

医療の資格の中の管理薬剤師とは

医療の資格には色々ありますが、薬局経営には絶対不可欠な管理薬剤師の仕事の注目度はうなぎのぼりです。医薬分業で病院内での薬の処方はほとんどされなくなり、その代り病院から一歩外に出て隣の薬局にお薬を頂きに行くという事が常識となりました。その為、大きな病院も含め新興住宅地に建つ個人病院の隣などにも必ず薬局がセットで建つようになってきました。薬局は誰でも経営はできますが、必ず必要になってくるのが管理薬剤師です。薬事法で店舗に一人は置く事が義務付けられています。管理薬剤師はその店舗の責任者であり管理監督する立場の人です。そう考えると経営者とほぼ同等の立場であり、責任をもって仕事にあたれる自覚のある人がこなすとてもレベルの高い職種だと思います。管理薬剤師に成れる人というのはもちろん責任感をもって仕事にあたれる人である事は言うまでもないのですが、まず薬剤師である事が基本になります。薬剤師であればそれだけで条件はみたしていて、その他特に資格などはいりません。仕事の内容は大まかには先ほど挙げた店舗の管理監督をする責任者なのですが、雑用や伝票チェック、棚卸の際の最終チェック、膨大な資料のチェックなど多岐に渡ります。仕事量も店舗によりますがかなり多いので、管理薬剤師手当が頂けます。派手な仕事ではありませんが、薬局運営には欠かせない存在なので忍耐力があり、やはり真面目にこつこつと仕事をこなせる人材がもとめられると言えます。

Copyright (C)2017資格を活かして管理薬剤師へ転職!.All rights reserved.